季節

インフルエンザ、そして花粉症

2019年2月27日

2019年2月27日
皆様お元気ですか。もうすぐ春です。最近はグーグル等で調べると専門のサイトで読みがすぐに出てくるので、私の役目は少なくなりました。時間と共に消え、後で書籍等に必要になる言葉があった時には付け足していきたいと思います。

今年はインフルエンザが流行しました。患者数は過去最高とのこと。我が家でもインフルエンザに家族が次々に罹患しました。皆、予防注射を受けていましたが。すぐに怪しいと思って診察に行き薬をもらい、私は比較的軽く済みました。

家族の中で最後にひいた者が、大丈夫と検査に行かなかったので初動が遅く重症。微熱が続き体中が痛くなかなか治りませんでした。
雨が降り河津桜が咲いて静岡県もやっとインフルエンザは落ち着いてきました。

静岡県では現在、河津桜が県内いたるところで満開です。
2月20日撮影 安倍川右岸土手添いに咲く美和桜(河津桜)

河津桜が咲くころから、杉の花粉が飛散。マスクで防御する人々、歩いているとクシャミが聞こえてきます。
音訳者にとっては花粉症は大敵ですね。杉以外にも花粉症になる木々は多いので、どうぞお気を付けください。

明けましておめでとうございます。

2019年1月2日

2019年1月元旦
明けましておめでとうございます。
平成最後のお正月です。
災害の少ない、平和な年であるようにと祈ります。

音訳者の皆様、身体に気を付けて活動してください。
音訳の部屋はゆっくり更新していきます。

毎年元旦は日本平ホテルでお茶を飲みながら富士山を眺めます。今年も快晴。

昨年完成した日本平夢テラス。富士山からアルプスの山々、駿河湾と四方が見渡せます。
逆光ですが・・・

静岡県護国神社へお参りに出かけました。平成29年結成の「和乃音 結(わのおと ゆい)」の演奏があり、お正月らしく楽しみました。→こちら

静岡市日本平に「日本平夢テラス」がオープン

2018年11月19日

2018年11月19日
11月3日に静岡市の日本平(にほんだいら)に「日本平夢テラス」がオープンしました。早速15日「日本平夢テラス」(にほんだいらゆめてらす)へ行ってきました。新国立競技場のデザインでも話題となった建築家の隈研吾(くま けんご)氏設計の建物は県産木材をふんだんに使い、富士山を望む自然景観と調和した設計。駿河湾越しに富士山、眼下に清水港、伊豆半島、南アルプスのパノラマ、静岡市街、360度の眺望が楽しめます。

施設内は1階に「展示エリア」、2階に「ラウンジスペース」、3回に「展望フロア」

オープンしたばかりなので人は少ないと思っていましたが、観光バスも訪れ平日なのに賑わっていました。
富士山が綺麗に見えます。

施設は無料。開館時間は決まっています。回廊は終日散策でき、施設内に入らなければワンちゃんも散歩を楽しんでいます。

施設の周囲はまだ整備が続いています。もう少しすると花畑が綺麗になり、桜の時期には素晴らしい景観になると思います。日本平はホテルが建て替えられ、ロープウエイで東照宮にもお参りでき、お客さんを案内するにもいい施設が出来ました。

清水側に少し下りたところに日本平ホテル(にっぽんだいらほてる)があります。ここからの富士山と清水港の眺めも抜群です。

施設の開館時間、交通手段等詳しくは→こちら をご覧ください。
開館したばかりで駐車場も混雑していますが臨時駐車場も多くあります。

日本平は(にほんだいら)と読みます。日本平がつく言葉はホテル以外(にほんだいら)です。
日本平ホテルだけは(にっぽんだいら)と読み、カーナビで(にほんだいらほてる)と入れても出ません。
ホテルは国際ホテルとして知名度を上げたいためでしょうか。ちょっと間違いやすいので音訳者は困ります。

雪景色の富士山

2017年11月27日

2017年11月27日
富士山も雪景色になりました。富士市と朝霧高原へ出かけましたので富士山の写真をお届けします。
富士山は見るところで表情がいろいろ変わります。

富士市から11月25日撮影

朝霧高原11月26日撮影

「大雪山旭岳の紅葉」を見てきました。

2017年9月17日

2017年9月17日
9月13~15日、念願の「日本で一番早い大雪山旭岳の紅葉」を見に北海道へ行って来ました。飛行機の切符を用意したのが3月。気候によって紅葉の時期は違いますから、ロープウェイ姿見駅から旭岳を望む散策路の紅葉を、天気の良い日に見ることが出来たのはまさに幸運です。

詳細は「しずおかはなさんぽ」→こちら

旭川のホテルで朝食中に宿泊客のスマホが同時になりだしました。Jアラートです。どうするこも出来ないので、皆、静かにテレビを見ながら、食事をしていました。

大型台風が日本列島を縦断しそうです。大きな災害にならないように願います。

トップに戻る