国立国会図書館NDL-OPACで読みを調べる

「音訳の部屋」読み方辞書へのリンクNo.1
国立国会図書館
の蔵書検索・申込システム「NDL-OPAC」へのリンク先変更について

国立国会図書館の蔵書検索・申込システム「NDL-OPAC」は2012/1/21(土)のブログで書きましたように2012/01/06にリニューアルしました。国立国会図書館の記事→こちら

本来の国立国会図書館のTOPページは→こちら
国立国会図書館サーチ(NDL Search)がすぐ出てきます。
検索には国立国会図書館サーチ(NDL Search)と資料検索NDL-OPACがあります。

音訳・点訳者が国立国会図書館のサイトで資料の読みを調べるには国立国会図書館サーチ(NDL Search)より、資料検索NDL-OPACの方が読みが出てきて便利です。

リニューアル後、リンクの変更をして資料検索NDL-OPACの詳細検索へ直接行くことができるように設定しましたが、Englishのページが出てきたり使い勝手が悪いようです。

資料検索NDL-OPACのTOPページより簡易検索にリンクを貼り換えましたので
キーワードが一つの場合は簡易検索を、二つ以上わかっている場合には詳細検索からお入りください。
こちら

表示された検索結果で上にある「MARCタグ形式」をクリックするとさらに詳細な読みがわかる場合があります。

本来は資料検索NDL-OPAC TOP→こちら へリンクを貼る方がいいのでしょうが、一つ手間を省きました。
しばらくこれでやってみます。

Comment

  1. 山田睦美 より:

    点訳をやっている者です。
    こちらの音訳の部屋は読みを調べるのに
    大変重宝しております。
    国会図書館の検索は、調べにくくなりましたよね、難儀していましたので、直で行けるように、こちら、と張り付けて下さり、助かりました!
    今後とも宜しくお願い致します。

    • yoco より:

      山田睦美さま
      コメント遅くなりました。
      最近、リンクを貼っていたホームページで新しくしたり、削除したりするところが出てきました。
      読みに使っていいサイトか見極めるのも難しいところです。いくつかのページで確かめて使ってください。よろしくお願いします。

山田睦美 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る