三角縁神獣鏡に「魔鏡現象」

2014年2月1日

2014年2月1日
三角縁神獣鏡に「魔鏡現象」 最新技術で判明 1月29日ニュースより

古墳から出土した古代の鏡、「三角縁神獣鏡」を復元して光を当てると、反射した光が裏に描かれたものと同じ文様を映し出す現象が起きることを、京都国立博物館などの研究グループが明らかにしました。
ニュースより関連する言葉の読みを拾います。

倭国(わこく)の女王卑弥呼(ひみこ)の鏡
三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)
三角縁唐草文帯二神二獣鏡(さんかくぶちからくさもんたいにしんにじゅうきょう)
魔鏡現象(まきょうげんしょう)
京都国立博物館の村上隆(むらかみ りゅう)学芸部長
大手前大学の森下章司(もりした しょうじ)准教授
国際日本文化研究センター名誉教授の山折哲雄(やまおり てつお)
菅谷文則(すがや ふみのり)奈良県立橿原考古学研究所所長
東之宮古墳(ひがしのみやこふん)
透光鑑(とうこうかん)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る