長野県北部地震

2014年11月24日

2014年11月24日
気象庁によりますと、22日発生した長野県北部を震源とするマグニチュード6.7の地震では、長野県の長野市と小谷村、小川村で震度6弱の激しい揺れを観測したほか、長野県白馬村と信濃町で震度5強を観測しました。
報道によりますと近隣の助け合いが素晴らしく、皆様救助されたとのこと。被害にあわれた方々、寒い時期ですので健康に気をつけて下さい。

報道に出てきた言葉を拾いました。
小谷村(おたりむら)
小川村(おがわむら)
白馬村(はくばむら)
信濃町(しなのまち)
神代断層(かみしろだんそう)
牛伏寺断層(ごふくじだんそう)
糸魚川-静岡構造線(いといがわしずおかこうぞうせん)

近藤久雄 (こんどう ひさお)産業技術総合研究所主任研究員 地形地質学
纐纈一起(こうけつ かずき )東京大地震研究所教授
鈴木康弘(すずき やすひろ)名古屋大学教授 変動地形学
本蔵義守(ほんくら よしもり)地震調査良委 東京工業大学名誉教授
廣内大助(ひろうち だいすけ)信州大学教授

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る