ノーベル医学・生理学賞に本庶佑さん 京大特別教授

2018年10月2日

2018年10月2日
ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に、免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発などに貢献した京都大学特別教授の本庶佑さんが選ばれました。

本庶佑(ほんじょ たすく)京大特別教授(76)
「PD-1」(ピーディーワン)

共同受賞者
米テキサス大MDアンダーソンがんセンターのジェームズ・アリソン教授(70)
「CTLA-4」(シーティーエルエーフォー)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る