KITAGAWA通信 No.53 2019年7月

2019年6月22日
全国音訳ボランティアネットワーク第7回総会も6月4日~5日に終了し、出席しなかった私のところにも個人会員として総会資料を送っていただきました。藤田代表の「継続は力なり」「来るものは拒まず」の精神に賛同します。
私も後期高齢者になり、専門分野でのネット検索が進歩してきたので、音訳の部屋も現状の維持と災害時の報道等にしています。リンク等が変更しているものはそのままになっていますのでご承知ください。

***「KITAGAWA通信 No.53 2019年7月」

音訳・点訳するものがお世話になっている「音訳・点訳のための読み調査ガイド」(日外アソシエーツ)の著者北川和彦先生より「KITAGAWA通信 No.53 2019年7月」が届きました。

北川先生は本年 卒寿を、迎えられたとのことおめでとうございます。と同時に先生のご活躍に尊敬の念を抱きます。

今回は 「特集 留岡幸助没後 85年 北川満都没後 87年」です。
留岡幸助(とめおかこうすけ)氏は北川先生の祖父であられ、北川満都さんはお母さま。

留岡幸助氏は 社会事業家 備中の人 牧師 教護師であられ、北川先生のボランティアの原点を知った気がします。

映画「大地の詩」留岡幸助物語→こちら
高瀬善夫 著「一路白頭ニ到ル 留岡幸助の生涯」岩波新書
留岡幸助 – NPO法人 国際留学生協会/向学新聞→こちら
Wikipediaでも紹介されています。

北川先生の卒寿をお祝い申し上げ、並々ならぬ活躍に先生のルーツを知り感嘆しています。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る