言葉の読み方

中国・青海地震

2010年4月16日

中国青海省玉樹チベット族自治州で14日マグニチュード(M)7.1の地震がおきました。
高地なので救援する人も大変だと思います。早く普通の生活にもどれるように祈ります。

報道からの読み方
青海省(せいかいしょう)
玉樹県(ぎょくじゅけん)
結古鎮(けぐちん) 
* 鎮(ちん)は行政区分の単位 鎮を略して「結古鎮(けぐ)」と読んでいるWEBも多い。16日の朝刊を読んで朝日新聞社に「結古鎮」の読みを調べていただきました。

四川省成都市(しせんしょうせいとし)の西に広がる甘孜(かんぜ)
西寧市(せいねいし)

胡錦濤(こ きんとう、フー・チンタオ)国家主席 *胡錦濤(ホゥー・チンタオ)とも
温家宝(おん かほう、ウェン・チアパオ)首相

「建築界のノーベル賞」とも言われる米プリツカー賞 受賞

2010年3月30日

2010年プリツカー賞受賞

「建築界のノーベル賞」とも言われる米プリツカー賞をSANAAの妹島和世・西沢立衛 両名が受賞されました。
SANAA(サナー、Sejima And Nishizawa And Associates)は、建築家の妹島和世・西沢立衛両名による建築ユニット。
妹島 和世(せじま かずよ 1956年 – )
西沢 立衛(にしざわ りゅうえ 1966年 – )

主な共同作品には、米オハイオ州の「トレド美術館ガラスパビリオン」
長野県飯田市の「小笠原資料館」
金沢市の「金沢21世紀美術館」

妹島 和世氏の出身である 県立水戸一高(水戸市三の丸)では、
平成12年に創立120周年を記念して建てられたガラス張りの合宿所「江山閣(こうざんかく)」があります。

とても嬉しいニュースです。

「東宮大夫」の読み方

2010年3月18日

3月半ばを過ぎましたが気温の変化は激しいですね。
南から、桜が咲き始めているニュースが飛び込んできますが、北では吹雪いています。

最近ニュースで「東宮大夫」の言葉がよく出てきます。
NHKでは「とうぐうだいぶ」と読んでいました。

参考資料を調べました。
(1)NHKことばのハンドブック第2版  P123
大夫 タイフ・・・(大名の家老など)
    ダイブ・・・東宮~ 皇后宮~
    タユー・・・(役者、遊女など。「太夫」もある)

(2)広辞苑第五版 P1876
とうぐう(東宮・春宮)の項に
東宮大夫(とうぐうだいぶ)
春宮大夫(とうぐうのだいぶ)があります。

(3)日本国語大辞典 9 P936
1.東宮・春宮(とうぐう)の項に
①「とうぐうの大夫(だいぶ)」があり ます。
更に
2.とうぐうたゆう(東宮大夫) の項にもあります。
  「とうぐう(東宮)の大夫①」に同じ とあります。

以上を見ると「とうぐうだいぶ」でいいのかと思いますが、日本国語大辞典で始めに「とうぐうたゆう」をひくと迷います。
NHKニュースで「とうぐうだいぶ」と言っていたのでそれでよいのでしょう。

国会図書館のデータベースでもレファレンス事例詳細で記載があります。→こちら
読みの参考事例として載っています。

*******************************************************

宮内庁に質問のページがありましたので、利用目的を書いてメールで聞きました。

宮内庁からの返信です。

当庁では、「とうぐうだいぶ」と読んでいます。
                                   宮内庁広報係

富士山読み方辞典 ことば追加

2010年3月8日

静岡県・山梨県が中心となり富士山を世界遺産(世界文化遺産)に登録しようと運動しています。→こちら
2月23日は富士山の日となりました。

静岡新聞・山梨日日新聞が中心となり2006年10月に 第一回富士山検定試験 が実施されました。→こちら
音訳の部屋に以前から『富士山読み方辞典』があります。→こちら

静岡市立図書館にて『富士山検定公式テキスト』を借りました。
2006年12月25日初版第一刷発行
編著 特定非営利活動法人・富士山検定協会

富士山関係の用語を調べるのは県外の方は結構大変のようです。
音訳の部屋の富士山読み方辞典にない用語を富士山検定公式テキストより追加しました。

*用語は資料によって違いがあります。*
例えば
忍野八海(おしのはっかい)には八つの湧泉(ゆうせん)がありますが、その一つ底抜池については違う読み方があります。
以前私が調べた資料では(そこぬけいけ)
富士山検定公式テキストでは(そこなしいけ)
WEBでは読みは半々です。
そこで池がある榛の木林資料館(はんのきばやししりょうかん)に電話で聞きました。
「榛の木林民俗資料館」では山梨県教育委員会の案内が(そこぬけいけ)になっています。→こちら
資料館の話ではどちらも言うが榛の木林資料館では(そこぬけいけ)と言うそうです。

    「榛の木林民俗資料館」は有料ですが静かでとても眺めがいいのでオススメです。

友人が音訳で平安時代富士山頂にあった大日寺の読み方を調べて分からず、地元の関係機関に聞いたら(だいにちでら)と言われたそうですが、富士山検定テキストでは(だいにちじ)とありました。
典拠を記載すればどちらでもいいのかもしれません。
あまり細かいことを言うと読めなくなります。調査をすることが大事なのだと思います。

 音訳の部屋内の「富士山読み方辞典」は多くの本を調査して少しずつ足していきましたので探しにくいかもしれません。
   用語の探し方 用語が見つからない時には 編集→このページの検索 (Ctrl+F)から用語を入力して検索してください。

 多くの資料からことばを探してきました。変換違い等、気がつきましたがメールフォームより典拠を記載してお知らせ下さい。

トヨタ自動車と豊田章男社長の読み方

2010年2月26日

トヨタ自動車の大規模リコール問題がニュースにたくさん出てきます。
日本の主要産業ですので良い解決を願っています。

トヨタ自動車関連の読み方を調べました。

◇47ニュースによると→こちら
河北新報のコラム・・・ トヨタ自動車の創業者は豊田喜一郎。姓は「とよだ」と読む。創業当初に作った車は「トヨダ号」であり、工場も「トヨダ自動車工場」。点がなくなって「トヨタ」に変わったのは70年ほど前▼車に付けるマークを公募すると、一番よさそうなのが、片仮名で「トヨタ」となっていた。応募者のミスだが、すっきりしたデザインで字画もいいので1等賞。 (2009年1月15日付「河北春秋」)

◇トヨタ自動車は豊田佐吉が創業した豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)の自動車部を起源としています。
このころは創業家の豊田家にちなみ、社名の読みも「とよだ」、クルマも「トヨダ号」でした。

トヨタ関係の氏名の読み方

豊田佐吉(とよだ さきち) 日本国語大辞典他 現在の静岡県湖西市山口に生まれる

豊田喜一郎(とよだ きいちろう) 豊田佐吉の長男 トヨタ自動車工業株式会社設立

豊田章一郎(とよだ しょういちろう) 豊田喜一郎の長男

豊田章男(とよだ あきお) 豊田章一郎の長男 現社長

他にトヨタ自動車経営者で血縁関係の豊田(とよだ)姓は多い

◇愛知県豊田市(とよたし)はトヨタ自動車によってクルマの町として発展したので1959年挙母市(ころもし)から改名→こちら

◇豊田佐吉記念館(とよださきちきねんかん)湖西市山口 113-2 *読みは電話で記念館に確認 2月26日→こちら

◇豊田自動織機(とよたじどうしょっき)*読みは電話で会社総務部に聞きました。2月26日 
日経会社情報も(とよたじどうしょっき)
2001年 商号を豊田(とよだ)自動織機製作所から株式会社豊田自動織機(Toyota Industries Corporation)に変更

*参考までに
静岡県には地名として磐田郡豊田町(とよだちょう)がありましたが合併により磐田市になりました。

トップに戻る