「音訳の部屋」リビングルーム

元国連難民高等弁務官・緒方貞子さん死去

2019年10月30日

2019年10月30日

日本人初の国連難民高等弁務官として難民救済などに活躍された緒方貞子(おがた・さだこ)さんが10月22日に死去(92歳)されました。
国際協力機構(JICA)理事長としても活躍され国際的に尊敬される方でした。

<関連する用語>

UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)国連難民高等弁務官事務所
(United Nations High Commissioner for Refugees)の略称
1950年に設立された国連機関の一つ
紛争や迫害により故郷を追われた難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決へ向けた活動を行っている。→こちら

JICA(ジャイカ)独立行政法人国際協力機構
(Japan International Cooperation Agency)の略称
2003年に設立された外務省所轄の独立行政法人、発展途上国への技術協力、資金協力を主な業務とする。

 

2019年度文化勲章受章者・文化功労者 読み方

2019年10月30日

2018年10月30日
政府は29日、2019年度の文化勲章受章者6人と文化功労者21人を発表した。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同5日に東京都内のホテルで開かれる。(読み方日本経済新聞参考)

<文化勲章>(五十音順、敬称略)
甘利俊一(あまり・しゅんいち)83歳 東大名誉教授
坂口志文(さかぐち・しもん)68歳 大阪大特任教授。
佐々木毅(ささき・たけし)77歳 元東大学長
田沼武能(たぬま・たけよし)90歳 写真家
野村萬(のむら・まん、本名野村太良=のむら・たろう)89歳 能楽師
吉野彰(よしの・あきら)71歳 同時に文化功労者・旭化成名誉フェロー

<文化功労者>
佐藤忠男(さとう・ただお、本名飯利忠男=いいり・ただお)89歳 映画評論家
石井幹子(いしい・もとこ)81歳 照明デザイナー
猪木武徳(いのき・たけのり)74歳 大阪大名誉教授
馬場あき子(ばば・あきこ、本名岩田暁子=いわた・あきこ)91歳 歌人
宇多喜代子(うだ・きよこ)84歳 俳人
大林宣彦(おおばやし・のぶひこ)81歳 映画監督
金出武雄(かなで・たけお)74歳 カーネギーメロン大ワイタカー記念全学教授
興膳宏(こうぜん・ひろし)83歳 京大名誉教授
小林芳規(こばやし・よしのり)90歳 広島大名誉教授
近藤孝男(こんどう・たかお)71歳 名古屋大名誉教授
笹川陽平(ささかわ・ようへい)80歳 日本財団会長
佐々木卓治(ささき・たくじ)72歳 東京農業大総合研究所参与
田渕俊夫(たぶち・としお)78歳 日本画家
宮城能鳳(みやぎ・のうほう、本名徳村正吉=とくむら・まさきち)81 舞踊家
萩尾望都(はぎお・もと)70歳 漫画家
藤原進一郎(ふじわら・しんいちろう)87歳 元日本障がい者スポーツ協会理事
宮本茂(みやもと・しげる)66歳 ゲームプロデューサー
坂東玉三郎(ばんどう・たまさぶろう、本名守田伸一=もりた・しんいち)69歳 歌舞伎俳優
柳沢正史(やなぎさわ・まさし)59歳 筑波大国際統合睡眠医科学研究機構長
渡辺美佐(わたなべ・みさ)91歳 音楽プロデューサー
*吉野彰(よしの・あきら)71歳 同時に文化勲章・旭化成名誉フェロー

ネット世界の難しさ・災害時の読み方

2019年10月22日

2019年10月22日

12日に日本に上陸した台風19号は日本各地に大きな被害をもたらしました。
被害にあわれた皆様が早く普通の生活を取り戻せるようにと祈ります。

大きな災害があると新聞を読まれる音訳・点訳者の皆様のために、すぐに、テレビ・新聞等から川や山、亡くなられた方のお名前を記録してきました。後々、書籍が出版された時に読み方を探すのも大変です。

最近、世の中全体が、個人情報を重んじるようになり、被害にあわれた親族から、お名前をネットに出すことに強い言葉で反対のお知らせがありました。ネット上では全て平等で、音訳点訳目的のためは通用しなくなりました。

また、川の名前、山の名前など報道や辞書を参考に記載しているのですが、その土地の読み方と違うと被害を受けている時には嫌な思いをするようです。

全体的に大きな災害の時は個人のページに記録を書くのは断念しました。
ネットの世界は難しいと感じているこの頃です。ご了承ください。

吉野彰氏にノーベル化学賞

2019年10月22日

2019年10月22日
2019年も日本人がノーベル賞を受賞しました。嬉しいことです。
吉野 彰(よしの あきら)氏 は旭化成名誉フェローでリチウムイオン電池の発明に対しての受賞です。
民間企業からは島津製作所シニアフェローの田中 耕一(たなか こういち)氏以来です。

第四次安倍第二次改造内閣の閣僚名簿

2019年9月12日

第四次(だいよじ)安倍再改造内閣 2019年9月11日発足
<参考>自民党ページ&日本経済新聞他
氏名、年齢、読み方、略歴、カッコ内は出身校、当選回数、選挙区、党派(自民党議員は所属派閥)

▲総 理
安倍 晋三 (64)あべ しんぞう
官房長官、党幹事長、官房副長官(成蹊大=衆(9)山口4、無派閥)

▲副総理 財務 金融(留任)
麻生 太郎 (78)あそう たろう
首相、党幹事長、外相、総務相(学習院大=衆(13)福岡8、麻生)

▲総 務
高市 早苗 (58)たかいち さなえ
衆院議運委員長、総務相(神戸大=衆(8)奈良2、無派閥)

▲法 務(初入閣)
河井 克行 (56)かわい かつゆき
党総裁外交特別補佐、首相補佐官(慶大=衆(7)広島3、無派閥)

▲外 務
茂木 敏充 (63)もてぎ としみつ
経財相、党政調会長(米ハーバード大院=衆(9)栃木5、竹下)

▲文部科学(初入閣)
萩生田 光一 (56)はぎうだ こういち
党幹事長代行、官房副長官(明大=衆(5)東京24、細田)

▲厚生労働 働き方改革
加藤 勝信 (63)かとう かつのぶ
党総務会長、厚労相(東大=衆(6)岡山5、竹下)

▲農林水産(初入閣)
江藤  拓 (59)えとう たく
首相補佐官、衆院農水委員長(成城大=衆(6)宮崎2、無派閥)

▲経済産業(初入閣)
菅原 一秀 (57)すがわら いっしゅう
衆院議運委筆頭理事、財務副大臣(早大=衆(6)東京9、無派閥)

▲国土交通(初入閣)
赤羽 一嘉 (61)あかば かずよし
衆院経産委員長、経産副大臣(慶大=衆(8)兵庫2、公明)

▲環 境(初入閣)
小泉 進次郎 (38)こいずみ しんじろう
党厚労部会長(米コロンビア大院=衆(4)神奈川11、無派閥)

▲防 衛
河野 太郎 (56)こうの たろう
外相、行革相(米ジョージタウン大=衆(8)神奈川15、麻生)

▲官房 拉致問題(留任)
菅  義偉 (70)すが よしひで
党幹事長代行、総務相(法大=衆(8)神奈川2、無派閥)

▲復 興(初入閣)
田中 和徳 (70)たなか かずのり
衆院予算委筆頭理事、財務副大臣(法大=衆(8)神奈川10、麻生)

▲防災 国家公安(初入閣)
武田 良太 (51)たけだ りょうた
党幹事長特別補佐、防衛副大臣(早大院=衆(6)福岡11、二階)

▲沖縄・北方 一億総活躍(初入閣)
衛藤 晟一 (71)えとう せいいち
首相補佐官、党政調会長代理(大分大=参(3)比例、衆(4)、二階)

▲科学技術 IT(初入閣)
竹本 直一 (78)たけもと なおかず
財務副大臣、衆院国交委員長(京大=衆(8)大阪15、岸田)

▲経済財政 社会保障改革(初入閣)
西村 康稔 (56)にしむら やすとし
官房副長官、内閣府副大臣(東大=衆(6)兵庫9、細田)

▲地方創生 規制改革(初入閣)
北村 誠吾 (72)きたむら せいご
党総務副会長、防衛副大臣(早大=衆(7)長崎4、岸田)

▲五輪 女性活躍(初入閣)
橋本 聖子 (54)はしもと せいこ
党参院議員会長、外務副大臣(駒大苫小牧高=参(5)比例、細田)

※閣僚の兼務・担当
副総理=デフレ脱却
▽総務相=マイナンバー制度
▽文科相=教育再生
▽経産相=産業競争力、国際博覧会、ロシア経済分野協力、原子力経済被害、原子力損害賠償・廃炉等支援機構
▽国交相=水循環政策
▽環境相=原子力防災
▽官房長官=沖縄基地負担軽減
▽復興相=福島原発事故再生総括
▽武田特命相=行政改革、国家公務員制度、国土強靱化
▽衛藤特命相=領土問題、消費者・食品安全、少子化対策、海洋政策
▽竹本特命相=クールジャパン戦略、知的財産戦略、宇宙政策
▽西村特命相=経済再生
▽北村特命相=まち・ひと・しごと創生
▽橋本五輪相=男女共同参画

▲官房副長官
(政務 衆)西村 明宏 (59) にしむら あきひろ
(政務 参)岡田 直樹 (57) おかだ なおき
(事務)杉田 和博 (78) すぎた かずひろ
▲法制局長官
近藤 正春 (63)こんどう まさはる

▲内閣総理大臣補佐官
▽ふるさとづくりの推進及び少子高齢化対策担当
秋葉 賢也(あきば けんや)

▽国家安全保障に関する重要政策担当
木原 稔(きはら みのる)

▽国土強靭化及び復興等の社会資本整備
地方創生
健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策担当
和泉 洋人(いずみ ひろと)

▽広報
経済の好循環実現のための中堅・中小企業政策及びロシア経済分野協力担当
長谷川 榮一(はせがわ えいいち)

▽政策企画の総括担当
今井 尚哉(いまい たかや)

トップに戻る