吉田公園に命山2基(静岡新聞)の読み方

2017年3月26日
今日の静岡新聞を見て、静岡県吉田町の県営吉田公園内に「命山2基」完成の読み方を調べました。
二つの命山は海抜6.9メートルと8メートル。6400人が避難できるとのことです。

命山(いのちやま)は防災用語集によると台風による高潮や津波、洪水で地域が浸水したときに、住民が緊急避難するためにつくられた人工高台。→こちら 命山は広辞苑、日本国語大辞典にはありません。

WEBで調べるとコトバンクの日本大百科全書(ニッポニカ)、デジタル大辞泉に 命山(いのちやま)とあります。

ーー日本大百科全書(ニッポニカ)より
台風や津波で地域が浸水したときに、住民が避難するためにつくられた、人工高台の通称。
静岡県袋井(ふくろい)市湊(みなと)地区の遠州灘(えんしゅうなだ)から約1キロメートル内陸には、江戸時代の1680年(延宝8)に起きた津波の被害を教訓としてつくられた二つの人工高台、中新田命山(高さ5メートル)と大野命山(高さ3.7メートル)が残っている・・・
ーー

静岡県袋井市には昔からあったのですね。

袋井市ではさらに平成25年(2013)には約1300人が避難できる湊命山が新たに造営され、地上高7.2メートル(海抜10メートル)。現在整備中の湊西地区命山は8.1メートル(海抜10メートル)平成29年3月完成予定。
東同笠(ひがしどうり)・大野地区命山は7.5メートル(海抜10メートル)平成29年3月完成予定。
現在、中新田地区命山は7.2メートル(海抜10メートル)

命山(いのちやま)
湊命山(みなといのちやま)
中新田命山(なかしんでんいのちやま)
大野命山(おおのいのちやま)
2基(にき)「NHKことばのハンドブック 第2版」P340

命山の読み方は多く出ていますが数え方が 命山2基 とあります。
基の読みについて調べました。
「音訳の部屋・数詞・助数詞の読み方」の基(き)据え置くものなどを数える・・とあります。

ーー以下「数え方の辞典」著者 飯田朝子 小学館 P338 き(基)より一部参照
「基」は建物の四角い土台・基盤・根元を表します。据え置くもの、人間ひとりの手では動かしがたいものなどを数える語です。
①墓・神仏
墓・ピラミッド・古墳・墓穴・石室 鳥居・神輿 仏壇
②置物・設置物
庭園に据え付けてある灯籠・石塔 公園などの像・碑 公園のベンチ・遊具・トイレ 据えてある大型機械 照明設備(照明施設・街灯・信号機)*街灯は灯でも数える 住居跡・窯跡などの遺跡 ブイ(浮標) ビルの壁面に設置された大型のモニタースクリーン・画面 大型タンク(石油タンク) まれに魚のひれ
③台や塔、堤などの建造物
タワー・塔 やぐら 灯台・展望台 砲台・ロケットの発射台 堤防・消波提 橋脚 ダム
④炉・発電機
原子炉 原子力発電所・風力発電所の発電機
⑤設置された乗り物
スキーのリフト施設 エレベーター・エスカレーター・自動遊歩道
*エレベーターを他の階に移動するために利用する時は「台」で数えます。
「このエレベーターは満員のため、1台お待ちください。」
⑥飛行する機械・乗り物に関するもの 「機」と同様の意味を持ちます。
ロケット 人工衛星(偵察衛星2基打ち上げ) 飛行機のエンジン(事故機は2基のエンジンが停止していた)

*「機」P339
飛行機(ジャンボ機2機が離陸 ヘリコプター3機が出動)・誘導装置を持つミサイル・(専門的に)空軍組織の最小単位で、航空機とその乗員から構成されるまとまりを数えます。

ーー以上「数え方の辞典」著者 飯田朝子 小学館 P338 き(基) P339 き「機」参照

「NHKことばのハンドブック 第2版」助数詞の使い方もご覧ください。

数え方に「基」を使っていることが多いのに驚きました。

柴犬 もみじ さようなら

2016年4月13日

4_s

音訳の部屋でときどきご挨拶していた柴犬もみじ。
ここ一年ほど目も耳も悪くなり、体力は衰えながらも、手探りで庭をよろよろ歩いて暮らしていましたが、4月11日安らかに永眠しました。年齢16歳9カ月。

最後の2日間、昼間は庭のもぐりこめるところを探し、木の間等に挟まって久しぶりに声を出して鳴きました。夜は居間の囲いの中を歩き回りワンワンと鳴きました。天国への入口を探していたのでしょうか。

旅立った日、昼間は庭の芝生で、夜は居間の自分の囲いの中で寝返りもせず一日中眠っていました。
そのままの状態で夜、静かに息を引き取りました。穏やかな顔でした。

寂しい気持ちでいっぱいですが、安らかに旅立って行ったもみじ。長い間楽しませてもらって嬉しい思い出に感謝です。
もみじありがとう!付き合ってくださった皆様もありがとう!

憩いのコーナー 柴犬 もみじ→こちら

「音ボラネット通信」第27号

2016年4月9日
「音ボラネット通信」第27号、少し前に届いていたのですが、家族でインフルエンザにかかり、老犬の介護をし、身内の世話をしている間に掲載が遅くなってしまいました。音訳等ボランティア活動は自分の健康と周りの人の健康があって出来るものだとつくづく思います。

藤田代表の「今、大切なこと」を感慨深く読みました。
来年は設立10周年の節目を迎えるのですね。全国の音訳ボランティアを纏めたネットワークは利用者の声を聴いて必要なことを考えていくので現状を早く的確にとらえているようです。

伊藤忠マルチメディアDAISYプロジェクト、雑誌「世界」プロジェクト、「図書館連携プロジェクト、テキスト化プロジェクトなど、公的な図書館や社会福祉協議会関係の施設ではやっていないプロジェクトを提供してユーザーの皆様は喜んで利用していることと思います。

改めて会にかかわるスタッフの皆様に感謝します。
多くの情報が詰まっているので、音ボラネット通信はたくさんの方に読んでいただきたい通信です。

静岡県護国神社のシャガが満開
2013-04-08 16.05.52

2013-04-08 16.07.27

リビングルーム・デザイン変更(スマホ対応も作成)

2016年2月10日
ブログ「音訳の部屋」リビングルームのデザインが変更になりました。パソコン画面では大きな変更はありません。画面中央の左右に矢印がありますので前後の記事を見るときに利用して下さい。

最近ブログをスマートフォンでご覧になる方が多くなりましたので、スマホで見やすいように、サポートしてくれている知人が対応してくれました。スマホでは今までより大きな字で見ることができると思います。

「音訳の部屋-読み方辞典」は18年間作り続けたデータが大量です。従来からのホームページビルダーで作っています。スマホでは字が小さくて見にくいかもしれませんが、画面を横にすると言葉の読みを見るだけなら使えると思います。

使い勝手はいかがでしょうか。

国産初の旅客ジェット機 MRJ(エムアールジェイ)

2015年11月11日
昨年10月18日、お披露目されたMRJ(Mitsubishi Regional Jet/三菱リージョナルジェット)。
今日、初飛行が実施されました。テレビで離陸の様子を見て、ロケットが発射される時と同じ感動を得ました。

問題がなければ今後、本格的な飛行試験に取り組むことになっており、プロペラ機の「YS-11」以来、半世紀ぶりとなる国産旅客機の開発は、実用化に向けて大きく前進することになります。

世界での市場争いは厳しいでしょうが、MRJが世界の多くの地域で飛ぶことを願います。

ーー以下NHKニュース
MRJは平成20年から三菱重工業の子会社の三菱航空機が開発を進めている国産の小型ジェット旅客機で、地上の走行試験などが順調に進んだとして、11日、初飛行が実施されました。

機体は、11日午前3時ごろ、開発拠点がある愛知県の県営名古屋空港の格納庫から出され、初飛行に向けた最終的な点検や準備作業が行われたあと、午前9時35分ごろ離陸しました。

そして、MRJは、随伴する自衛隊機などと南に向かい、太平洋上にある自衛隊の訓練空域を飛行して基本的な性能を確認したものとみられます。

その後、再び県営名古屋空港の上空に姿を現したMRJは、午前11時すぎに着陸し、およそ1時間半にわたる初飛行を終えました。
ーー以上NHKニュース

2014年10月19日
10月18日国産初の旅客ジェット機として、愛知県豊山町(とよやまちょう)の三菱重工業小牧南工場でお披露目されたMRJ(Mitsubishi Regional Jet/三菱リージョナルジェット)。乗客・貨物を積んでそこそこの距離を飛ぶ中規模ジェット旅客機で国内線などの、比較的短距離・小規模なフライトに使われます。燃費がとても良いとのことで、世界各地で活躍できるといいですね。

国産の旅客機では、昭和39年に国や日本の航空機メーカーが共同で設立した「日本航空機製造」が双発のプロペラ機YS-11を開発しました。東京オリンピックなどで活躍しましたが、次第にジェット旅客機の就航が進んで、YS-11の生産は昭和48年に終了しました。

開発したのは三菱重工業の子会社「三菱航空機」。世界での市場争いは厳しいようですが、今回のMRJが世界の多くの地域で飛ぶことを願います。

<読み方>
MRJ(エムアールジェイ)
三菱重工業の大宮英明 (おおみや ひであき)会長
三菱航空機の川井昭陽 (かわい てるあき)社長

YS-11
一般的には(ワイエスじゅういち)NHKなど 英語読みでは(ワイエスイレブン)
正式な読みは(ワイエスいちいち)開発に携わった方や専門誌、一部の新聞

「音訳の部屋」参考ページ「特別な数字の読み方辞典」→こちら 航空機のところ