「大雪山旭岳の紅葉」を見てきました。

2017年9月17日
9月13~15日、念願の「日本で一番早い大雪山旭岳の紅葉」を見に北海道へ行って来ました。飛行機の切符を用意したのが3月。気候によって紅葉の時期は違いますから、ロープウェイ姿見駅から旭岳を望む散策路の紅葉を、天気の良い日に見ることが出来たのはまさに幸運です。

詳細は「しずおかはなさんぽ」→こちら

旭川のホテルで朝食中に宿泊客のスマホが同時になりだしました。Jアラートです。どうするこも出来ないので、皆、静かにテレビを見ながら、食事をしていました。

大型台風が日本列島を縦断しそうです。大きな災害にならないように願います。

『臨済寺』で通常非公開の静岡市文化財指定『本堂障壁画』を見る

2017年2月3日
静岡市の臨済寺は、臨済宗妙心寺派の禅寺で、駿河の戦国大名・今川家の菩提寺です。NHK大河ドラマで今川義元役を春風亭昇太さんが熱演。

臨済寺庭園は昭和11年9月3日に国の名勝として、臨済寺本堂は、昭和58年1月7日に国の重要文化財に指定されています。
 臨済寺は、修行寺のため通常は拝観できませんが、年に2回春の今川義元の命日と秋の摩利支天のご祈祷に一般公開を実施しています。

参考WEB 静岡市の文化財→こちら

なかなか一般公開当日、行くことが出来ません。

日常的にウオーキングコースの一つなので桜の咲く時期など、門前は素晴らしいのです。

平成28年11月30日に臨済寺に所蔵されている障壁画24面が静岡市の有形文化財に指定されました。
 障壁画は、臨済寺本堂(国指定重要文化財)の襖(ふすま)に描かれた作品で、12枚24面が確認され 、「雲龍(うんりゅう)」図や「竹虎(たけにとら)」図などの図像が描かれています。

平成29年1月29日(日)、30日(月)の2日間、特別公開襖絵のほか、方丈、書院、そして国指定の名勝庭園も見ることが出来るとのことで訪問しました。

撮影もOKとのこと。見に来ている方も多くはなく、とても楽しめました。
写真を掲載します。

DSCN0368

入口から佐藤三枝子様寄進の幟が壮観です。
DSCN0366

DSCN0365

指定された襖絵
DSCN0354

DSCN0356
DSCN0352

佐藤三枝子様寄進の斬新で素敵な襖絵
DSCN0350

竹千代君御手習い之間
DSCN0344

今川義元公・今川氏輝公
DSCN0358

庭園の一部
桜の季節には入ることはできませんが、枝垂桜が素晴らしいとのこと。
DSCN0339

DSCN0348

 

沖縄の旅

2016年9月18日
9月15~18日、沖縄を旅してきました。
台風16号が沖縄の島々を通り抜け、秋雨前線で日本列島は雨模様だったようですが、沖縄本島はずっと天気が良く快適な旅。青い空と真っ青な海、沖縄は美しいところです。
2016-09-16-08-04-00

わんさか大浦パークでマングローブを見て、沖縄美ら海水族館の大きな水槽で泳ぐ美しい魚を楽しみました。
2016-09-15-16-20-13

2016-09-16-12-29-25

広島、長崎へは行きましたが、沖縄県営平和祈念公園は始めてです。
ガイドさんつき園内乗り物(100円)で沖縄平和祈念堂、平和の礎、日本全国の慰霊塔を回りました。
2016-09-17-14-06-42

資料館で戦争時、過酷だった沖縄を感じ、平和であることがいかに大切か思いを新たにしました。

ひめゆりの塔の中庭には美しい花が咲いており、戦争で亡くなった女学生の姿にも見えます。
2016-09-17-16-28-43

2016-09-17-17-07-07

最後に復元された首里城を訪問。大河ドラマ「琉球の風」を見ていましたので、琉球王国の文化に感嘆しました。
2016-09-18-12-40-32-1

世の中が平和であるように願って旅を終えました。

「朗読ボランティアネットワーク・北海道」講座終了

2016年7月12日
7月9日(土)、「朗読ボランティアネットワーク・北海道」平成28年度研修会へ行ってきました。
参加団体は23。参加者は職員の方たちも含めて260名。毎年、研修会は道内の団体から多くの参加者が集まり、皆さま熱心だと聞きます。

午前の部で姉崎久志氏の「その先の、活動へ。」~時代の流れを受け止めた、切れ目のない活動のために~
を私も聞くことが出来ました。
2015年4月から北海点字図書館情報支援部長になられ、故郷、北海道のために活動しておられる姉崎氏。
神奈川県ライトセンターで仕事をなさりながら、「てんやく広場」「サピエ」にかかわり、音訳の発展のために尽くされている方のお話を聞くことが出来て幸運でした。

先生のお話は障害者に優しく、音訳ボランティア活動にも分かりやすく、丁寧です。
ボランティア活動には常習性と禁断症状が伴い、気付いた時には、音訳ボランティア活動をしていない自分の人生は考えられないほど充実しているはずです。・・・との言葉に皆さま、うなずいておられました。

ーー

午後の部は「音訳のためのインターネット活用講座」
3時間使って~インターネットを利用した読みの調査のコツ~を共に学びました。
団体の方に少しお話を伺いました。

・札幌朗読奉仕会では読む方と校正の方が分かれており、それぞれ原本を持ち、対面で作り上げていくとのこと。デイジー編集室にはたくさんの機器が並び、多くの図書が出来上がっていくのが分かります。
ネットでの検索は読みの調査はもちろんですが、校正の方の確かめには役に立つと思います。

・小樽朗読友の会では日々、新聞の地方版を読んでユーザーに届けているとのこと。日々と言うのがすごいですね。地方版に出ているお亡くなりになった方も名前を問い合わせて読んでいるとのことで毎日の努力は相当のようです。
毎日、早くニュースを届けるにはネットでの読みの調べが適しているので、ぜひ上手く使ってほしいと思います。

3時間たっぷりの講座で、質問の時間が取れませんでしたが、私としてはもう少し時間が欲しいという気持ちでした。出席された皆様が便利になって下さるとうれしいと思います。

この音訳の部屋のブログ「音訳の部屋リビングルーム」に時事や災害に出てきた言葉の読みを調査して出してあります。ニュースを読む方は利用してください。

ーー

静岡県三島市の「三島梅花藻の里」に続く、源兵衛川。現在、ミシマバイカモが清流の中で花開いて揺れています。カモがのんびりくつろいでいて、和やかな原風景です。
2016-07-10 11.29.14

春です!梅が見頃、桜の開花予想も発表

2016年2月5日
日本気象協会は立春の3日、第1回桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表しました。

ーー以下日本気象協会のページより引用
2016年の桜(ソメイヨシノ)は、九州や四国地方では平年より遅い開花となるでしょう。中国・近畿・東海・北陸・関東地方では、ほぼ平年並みの見込みです。東北地方では平年より早いでしょう。北海道では平年並みの見込みです。桜前線は3月25日頃に福岡、熊本をスタートし、3月末までに近畿・東海・関東南部の桜も咲き始めるでしょう。4月上旬には、北陸・東北南部で開花する見込みです。桜前線が津軽海峡を渡るのは、4月末になるでしょう。
ーー以上日本気象協会のページより引用

静岡県の予想開花傾向は平年より遅く、予想開花日は3月29日頃、平年開花日が25日、昨年開花日が22日でしたから、昨年より一週間ほど遅いですね。
日本気象協会桜予想のページ→こちら
ウェザーマップによる桜開花前線予報2月4日発表では、暖冬による開花の遅れは、平年の気温が高い地域ほど影響が大きくなるとのこと。→こちら
節分を過ぎると桜の季節が待ち遠しいですね。

1月末日本平へ行ってきました。梅が咲きだしもうすぐ梅まつり。
日本平ホテルの庭園でも清水港を見渡して梅が咲き始め、心地よい風景です。
DSC_8229

3月くらいまで順に咲いていき、そのあと桜の季節がやってきます。
日本平ホテルでは河津桜の種類でしょうか。もう咲き始めた桜もあります。
DSC_8238

DSC_8239
春はワクワクします。