「音訳の部屋」リビングルーム > 政治・経済・社会 > RCEP(東南アジア諸国連合)の読み方

RCEP(東南アジア諸国連合)の読み方

2020年11月15日
RCEP 15カ国署名

RCEP(アールセップ)と読みます。
正式には「Regional Comprehensive Economic Partnership」「東アジア地域包括的経済連携(ひがしアジアちいきほうかつてきけいざいれんけい)
日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランドと東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国の計16カ国で交渉を始めた自由貿易・経済連携の枠組み。
関税や投資ルールなど20分野で構成。インドは対中貿易赤字の拡大を懸念し、19年11月に交渉離脱を表明、15カ国でようやく署名。

関連用語
RCEP(アールセップ)「Regional Comprehensive Economic Partnership」「東アジア地域包括的経済連携」
TPP(ティーピーピー)「Trans-Pacific Partnership」「環太平洋パートナーシップ協定」または「環太平洋経済連携協定」
FTA(エフティーエー)「Free Trade Agreement 」「自由貿易協定」
ASEAN(アセアン)「Association of Southeast Asian Nations」(東南アジア諸国連合)

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップに戻る