風景

連休の旅ーアクアラインを通って九十九里浜へ

2007年5月10日

連休明け平常の生活に戻られましたか?
ゴールデンウィーク前半は東京湾アクアラインを通って九十九里浜へ取材旅行に行きました。
地方が寂しくなっているのを目の当たりにしてこれでいいのかなと考えてしまいました。
途中で立ち寄ったお店のいわしのお刺身が大変美味しかった!
アクアライン

帰りはまたアクアラインを通り”海ほたる”へ寄ってきました。
海上PAは眺めがいいのですが人が多い・・・
その中でPA端にある技術資料館「うみめがね」はがらがらでトンネルとブリッジの工法や機械等の展示説明があり楽しく見学できました。
建築用語辞典を作成直後でしたのでなおさらでした。
近代的な道ができ東京集中化が地方を寂しくさせているのかしらと複雑な気持ちです。
都市と地方がうまくかみ合って生活していくにはどうしたらいいのでしょうか・・・等と考えながらまた普通の生活に戻ります。

河口湖ミューズ館 -与 勇輝館- 人形に会いに!

2007年3月13日

河口湖ミューズ館 -与 勇輝館- へ行って来ました。 ホームページは→こちら
 *与 勇輝(あたえゆうき)は本名*
富士山が美しい河口湖、その自然の中に河口湖ミューズ館はあります。
河口湖ミューズ館 -与 勇輝館-パンフレット(縮小)
河口湖ミューズ館 パンフレット

これらの人形どこかでご覧になったことはありますか?
河口湖ミューズ館は数回訪れたことがありますが、今回はまだ寒く夕方だったからでしょうか見学者がほとんどいなく、まずビデオで製作過程から、季節ごとに編集した人形達をゆっくり拝見、その後人形と対面・・・夢の世界へ・・・
与 勇輝氏は創作人形作家で表情豊かな人形を着ているものから小物にいたるまで全て自分の手作業で仕上げています。
懐かしい時代の原風景、ギリシャ神話のミューズ等私たちはテレビ・映画など、どこかの場面でお目にかかっているような・・・
河口湖ミューズ館の庭にはラベンダーがたくさん植えられており毎年6月下旬~7月中旬まで「ハーブフェスティバル」が開催されるとのこと。
音訳・点訳で少し疲れ気味の時、お出かけになると癒されます

朝霧高原からの富士山

2006年11月12日

朝霧高原からの富士山

11月9日時間がとれたので久しぶりに外出。富士山の周囲を車で走りました。
朝霧高原から午後3時25分の写真です。
夕方、雲ひとつない青空の富士山を見ることができるのは珍しいですね。
枯れススキと富士山の雪は冬の訪れを感じます。

トップに戻る