音訳・点訳・ことば

『書誌事項など関係用語・略号表』

2007年1月19日

新年に書誌事項のことが記載してあるメールをいただきました。
書誌事項とは図書や雑誌のタイトルや、出版年などの情報のことです。
別に質問されたわけでもないのですが、以前より気になっており1992年発行の『活動するあなたに 音訳・調査編』に載っていましたので参考のページを作りました。
そのまま書きましたが、ほとんど読みは載っていませんので音訳の時「書誌事項など関係用語・略号表」を読む入口にして欲しいと思います。
「書誌事項など関係用語・略号表」(音訳の部屋TOP目次より)
例として
vol(s). volum(s) 巻
vol.5=第5巻  vols.5=全5巻
pp. pages ページ(複数)
pp.125-130「125ページから130ページまで」と読む
等がABC順に載っています。
読みは所属の方針、書籍の内容によってご自身でお選び下さい。
報道によるとノロウイルスはそろそろ下火になり次はインフルエンザの季節だそうです。お互いに気をつけましょう!

「音訳の部屋」のリンクページを確かめる

2007年1月7日

全国的に天気は荒れ模様!
静岡でも突風が吹いて窓ガラスが音をたてています。日本海側では吹雪いて大変でしょう・・・と雪国育ちの私は心配しています。スキー場は大喜びでしょう。[emoji:v-276]
半年に一度、読み方の参考になるWEBサイトの有無を確かめています。ネットはとても便利ですが消えていくサイトも多く、使わせてもらっていたページが突然なくなるとガッカリ。年末に「音訳の部屋」を引越しましたが転居もあります。
今回は閉鎖したページは少なくホッとしています。
サイトを確かめていると思わぬ発見もあります。
国立国会図書館の図書館員のページから「書誌データの作成及び提供」を見つけました。
国会図書館の書誌検索から読みをさがしていると時々疑問も出てきます。
「書誌データの作成及び提供」の下方 →「読みについて」の中で
統一読みカナ表記実例集
 その1(名詞・動詞)
 その2(数詞~地名)
を見ると 「~所」<その1のシ>、「日本」などの国会図書館での統一読みが分かります。ちょっと覗いてみて下さい。
国会図書館でそのように読んでいるということで、音訳・点訳でそのように読まなければならないということではありません。
「日本点字図書館」は日本点字図書館のサイトでは「にっぽんてんじとしょかん」となっていますが、国会図書館の統一読みでは「にほんてんじとしょかん」になります。(検索より)
<その2の4書名>「日本永代蔵」も広辞苑①、NHKことばのハンドブックでは「にっぽん」ですが、国会図書館の採用している統一読みでは「にほん」です。
図書館のデータは書誌検索のためにあり、読み方のためにあるわけでなく音訳・点訳はそれを利用させていただくのですから、統一読みを承知していると校正の時に音訳者・点訳者が辞書等で調査したものを簡単に訂正してしまうことを防げます。

「音訳の部屋」より 謹賀新年!

2007年1月2日

獅子舞

明けましておめでとうございます。
仕事始めに「読み方辞典」を作成しています。何を作っているかはまだ秘密。
暇を見つけて資料をさがし、少しずつ記載をしているといつかは完成します。
その積み重ねで今年は「音訳の部屋」を開設して10周年になります。
本年もどうぞよろしくお願いします。

プレクストークのホームページ一新!

2006年11月29日

地蔵様

もうすぐ12月、今年も残すところ一ヶ月。あっという間に一年が過ぎていきます。
視覚障害者の方、音訳者にお知らせです。
シナノケンシのプレクストークのホームページが一新しました。
デジタル録音図書の説明やプレクストークの体験会・講習会等の開催予定。
音訳者向けにPTR2を使う方法、パソコンとDAISY録音ソフトを使う方法、録音済みカセットテープをパソコンとDAISY録音ソフトで変換する方法などが記載されています。
「Q&A」もあり「お問い合わせ」もあります。
TOPページのトピックスでは最近のデイジー関係の情報が更新され、企業もボランティアやユーザーの意見を聞き製品の向上に努力していることが伝わってきます。
パソコンを使わない「ネットワーク読書端末」が実験中だそうで視覚障害者には朗報だと思います。
音訳者が頑張ってデジタル録音図書を作成し、ユーザーが簡単な操作で利用できればとても嬉しいですね。
一新されたホームページを訪れて見て下さい。これからの録音図書の流れが分かります

「音訳通信」掲載終了です。

2006年10月30日

地蔵様
アドレスを変更した機会に今まで皆様に見ていただいた「音訳通信」掲載を終了することになりました。長い間「音訳通信」の購読ありがとうございました。
「音訳の部屋」は私の個人サイトで公式ホームページではありません。
静岡県点字図書館の記事を掲載する役割は終わったようです。
これからは「読み方辞典」を個人サイトとして楽しみながら制作していきたいと思います。

トップに戻る