茶の科学用語・農業用語 読み方辞典 さ行 ()()()()(

(さ)

催芽 (さいが)
再乾機 (さいかんき)
細菌 (さいきん)
細根 (さいこん)
採取圃 (さいしゅほ)
最上位葉 (さいじょういよう)
採梢園 (さいしょうえん) 穂木園、母樹園とも
最小養分律 (さいしょうようぶんりつ)
栽植密度 (さいしょくみつど)
再製 (さいせい) 荒茶を精製仕上げ
再生芽 (さいせいが)
再製加工 (さいせいかこう)
再製業者 (さいせいぎょうしゃ)
再整枝 (さいせいし)
再製仕上げ茶 (さいせいしあげちゃ)
再製歩留り (さいせいぶどまり)
斎田茶文化振興財団 (さいだちゃぶんかしんこうざいだん)
最長根長 (さいちょうこんちょう)
採点法 (さいてんほう)
才取り (さいとり) 荒茶製造業者と問屋の取引仲介業者
栽培適地 (さいばいてきち)
再火 (さいび) 荒茶再製の二度目の火入れ
細胞培養 (さいぼうばいよう)
細胞融合 (さいぼうゆうごう)
在来園 (ざいらいえん)
在来種 (ざいらいしゅ)
在来茶園 (ざいらいちゃえん)
材料予熱期間 (ざいりょうよねつきかん)
さえ不足 (さえぶそく) 茶の審査用語・色沢
酒戸弥二郎 (さかとやじろう) 茶の化学成分の研究者
坂本藤吉 (さかもととうきち) 江戸後期の駿河の茶商
作型 (さくがた)
作州番茶 (さくしゅうばんちゃ)
砂耕栽培 (さこうさいばい)
笹色 (ささいろ) 茶の審査用語・色沢
挿し木 (さしき)
挿し木接ぎ (さしきつぎ)
挿し木床 (さしきどこ)
挿し木苗 (さしきなえ)
挿し木繁殖 (さしきはんしょく)
挿し床 (さしどこ)
指値売買 (さしねばいばい)
挿し穂 (さしほ)
猿島茶 (さしまちゃ) 茨城県南西地区
挿し芽 (さしめ)
茶神888 (さじんはちじゅうはちやー) 静岡県お茶のヒーロー 静岡新聞2011/8/4
作況調査 (さっきょうちょうさ)
殺菌剤 (さっきんざい)
殺菌剤耐性 (さっきんざいたいせい)
殺青 (さっせい) 中国の製茶用語・茶葉中の酵素を失活
雑種強勢 (ざっしゅきょうせい)
殺虫剤抵抗性 (さっちゅうざいていこうせい)
雑ぱく (ざっぱく) 茶の審査用語・色沢
茶道資料館 (さどうしりょうかん)
茶道文化学術賞 (さどうぶんかがくじゅつしょう)
さび病 (さびびょう) →もち病
サフラン茶 (さふらんちゃ)
サメ肌症凍害 (さめはだしょうとうがい)
(さや)
狭山茶 (さやまちゃ) 埼玉県
茶湯里 (さゆり) 熊本県相良村
さらい手 (さらいて)
猿茶 (さるちゃ) 中国の伝説的な茶
砂礫 (されき)
澤村真 (さわむらまこと) 製茶化学の先導者の一人
(さん)
三角仕立て (さんかくじたて)
酸化酵素 (さんかこうそ)
酸化焼成 (さんかしょうせい)
酸化分解 (さんかぶんかい)
山間地 (さんかんち)
山間農業地域 (さんかんのうぎょうちいき)
散形花序 (さんけいかじょ)
三紅七緑 (さんこうしちりょく) 中国青茶類の茶葉の標準的な発酵状態
サンザシ茶 (さんざしちゃ)
三次機能 (さんじきのう) 参考 一次機能(栄養機能) 
二次機能(感覚機能) 三次機能(生態調節機能)
残臭期間 (ざんしゅうきかん)
散水氷結法 (さんすいひょうけつほう)
酸性土壌 (さんせいどじょう)
残存植物 (ざんぞんしょくぶつ) 日本国語大辞典
散茶 (さんちゃ)
散茶冷却機 (さんちゃれいきゃくき)
3点比較法 (さんてんひかくほう)
酸度 (さんど)
三道茶 (さんどうちゃ) 中国少数民族の白(ぱい)族の接客用茶
三倍体 (さんばいたい)
三番茶 (さんばんちゃ)
散房花序 (さんぼうかじょ)
山野草 (さんやそう)
残留農薬 (ざんりゅうのうやく)

(し)

仕上げ茶 (しあげちゃ)
仕上げ風 (しあげふう) 茶の審査用語・形状
仕上げ揉み (しあげもみ)
四双版納 (しーさんばんな) 中国最南西部一帯 都市・景洪(けいこう)
C・T・C紅茶 (しー・てぃー・しーこうちゃ)
C・T・C製法 (しー・てぃー・しーせいほう) Crush(押しつぶす)・Tear(引き裂く)・
Curl(巻き丸める)
地植え (じうえ)
自園自製 (じえんじせい)
自園自製兼買葉 (じえんじせいけんかいは)
塩断ち (しおだち)
塩茶 (しおちゃ) 古典的な番茶の飲み方
直がけ (じかがけ) 直接被覆
直挿し (じかざし)
自家受粉 (じかじゅふん)
直火 (じかび)
自家不和合性 (じかふわごうせい)
直播 (じかまき) 日本国語大辞典 (ちょくは)とも
信楽茶 (しがらきちゃ) 滋賀県信楽町
しき草 (しきくさ)
色彩式木茎分離機 (しきさいしきもっけいぶんりき)
色彩選別機 (しきさいせんべつき)
四季咲き性 (しきざきせい)
色差計 (しきさけい)
色種 (しきしゅ) 中国の青茶(せいちゃ)類の一つ
色沢 (しきたく) 審査項目の一つ
色調 (しきちょう)
食堂 (じきどう) 仏語・寺院の食堂
直輸出 (じきゆしゅつ) 日本人が商権を握る自主独立的な輸出
(ちょくゆしゅつ)とも
地際部 (じぎわぶ)
敷き藁 (しきわら)
嗜好調査型パネル (しこうちょうさがたぱねる)
嗜好品 (しこうひん)
嗜好料作物 (しこうりょうさくもつ)
しごき摘み (しごきづみ)
枝条 (しじょう)
糸状菌 (しじょうきん)
枝条数 (しじょうすう)
枝条長 (しじょうちょう)
自殖性植物 (じしょくせいしょくぶつ)
静岡茶 (しずおかちゃ)
静岡県茶手揉保存会 (しずおかけんちゃてもみほぞんかい)
静岡県茶文化振興協会 (しずおかけんちゃぶんかしんこうきょうかい)
賤機焼 (しずはたやき) 静岡市
自生地 (じせいち)
自然萎凋 (しぜんいちょう)
自然交雑種 (しぜんこうざつしゅ)
自然仕立て (しぜんじたて)
自走式深耕機 (じそうしきしんこうき)
自走式摘採機 (じそうしきてきさいき)
自走式肥料散布機 (じそうしきひりょうさんぷき)
自走式歩行型摘採機 (じそうしきほこうがたてきさいき)
持続型農業 (じぞくがたのうぎょう)
シソ茶 (しそちゃ)
下木 (したき) 日本国語大辞典
下草 (したくさ)
仕立て (したて)
仕立葉 (したては)
下根 (したね)
下生(下生え) (したばえ) 下草に同じ
下揉み (したもみ)
七官青磁 (しちかんせいじ) 中国青磁の日本での呼称の一つ
七軒茶 (しちけんちゃ) 中国の江蘇省の行事
七子餅茶 (しちしへいちゃ) 中国茶の銘柄
支柱 (しちゅう)
湿害 (しつがい)
湿球温度 (しっきゅうおんど)
室内萎凋 (しつないいちょう)
自動製茶装置 (じどうせいちゃそうち)
自動分配投入機 (じどうぶんぱいとうにゅうき)
自動包装機 (じどうほうそうき)
柴茶 (しばちゃ)
自発休眠 (じはつきゅうみん)
自販 (じはん) 自園自製
師部 (しぶ)
渋味 (しぶみ) 茶の審査用語・滋味
子房 (しぼう)
島根茶 (しまねちゃ)
締まり不足 (しまりぶそく) 茶の審査用語・形状
滋味 (じみ)
締炒り機 (しめいりき)
湿り味 (しめりあじ) 茶の審査用語・滋味
湿り空気線図 (しめりくうきせんず)
湿り臭 (しめりしゅう) 茶の審査用語・香気
霜かぶり (しもかぶり)
霜除け (しもよけ)
雀舌茶 (じゃくぜつちゃ) 中国緑茶の名称の一つ
弱発酵茶 (じゃくはっこうちゃ) 弱酸化茶
遮光 (しゃこう)
遮光率 (しゃこうりつ)
積丹の茶樹 (しゃこたんのちゃじゅ) 北海道古平町 禅源寺
ジャスミン茶 (じゃすみんちゃ)
煮製緑茶 (しゃせいりょくちゃ) 緑茶の一種
斜面弧状仕立て (しゃめんこじょうじたて)
斜面平行仕立て (しゃめんへいこうじたて)
ジャワ茶 (じゃわちゃ) インドネシヤ産の茶
香檳烏龍茶 (しゃんぴんうーろんちゃ) 台湾産
揉圧 (じゅうあつ)
揉圧盤 (じゅうあつばん)
雌雄異花 (しゆういか)
雌雄異株 (しゆういしゅ)
秀英 (しゅうえい) 中国・台湾で花薫茶(かくんちゃ)花茶の着香材
重金属 (じゅうきんぞく)
集散花序 (しゅうさんかじょ)
揉室 (じゅうしつ)
集団転作 (しゅうだんてんさく)
揉底 (じゅうてい)
充填機 (じゅうてんき)
雌雄同株 (しゆうどうしゅ)
秋冬番茶 (しゅうとうばんちゃ)
揉捻 (じゅうねん)
揉捻機 (じゅうねんき)
周年栽培 (しゅうねんさいばい)
揉盤 (じゅうばん)
秀品率 (しゅうひんりつ)
集約農業 (しゅうやくのうぎょう)
集葉板 (しゅうようばん)
収量 (しゅうりょう)
重量減 (じゅうりょうげん)
収量構成要素 (しゅうりょうこうせいようそ)
重力水 (じゅうりょくすい)
収れん味 (しゅうれんみ) 茶の審査用語・滋味
朱温鉢 (しゅおんばち)
株芽 (しゅが)
主幹 (しゅかん)
樹冠 (じゅかん)
樹冠下液肥施用 (じゅかんしたえきひせよう)
樹冠面 (じゅかんめん)
樹冠面気温 (じゅかんめんきおん)
主業農家 (しゅぎょうのうか)
熟度 (じゅくど)
縮伐 (しゅくばつ)
樹形 (じゅけい)
樹高 (じゅこう)
主根 (しゅこん)
主枝 (しゅし)
樹姿 (じゅし)
主軸 (しゅじく)
種子繁殖 (しゅしはんしょく)
樹勢 (じゅせい)
樹体温 (じゅたいおん)
酒茶論 (しゅちゃろん) 書物
宿根草 (しゅっこんそう)
樹勢 (じゅせい)
朱泥急須 (しゅでいきゅうす)
酒鐺 (しゅとう) 燗鍋(かんなべ)のこと
寿眉茶 (じゅびちゃ) 中国の半発酵茶で白茶の一種
種苗登録制度 (しゅびょうとうろくせいど)
寿福寺 (じゅふくじ) 鎌倉の臨済宗の古刹・開山は栄西禅師
受粉樹 (じゅふんじゅ)
樹齢 (じゅれい)
順位法 (じゅんいほう)
準主業農家 (じゅんしゅぎょうのうか)
春茶 (しゅんちゃ) 中国台湾で茶期を
春夏秋に分けたときの春の茶
聖一国師 (しょういちこくし) →円爾弁円(えんにべんえん)静岡県の茶祖
条植え (じょううえ) 畝仕立て
条植え茶園 (じょううえちゃえん) 畝仕立て
紹鴎 (じょうおう) →武野紹鴎
小花 (しょうか)
松花堂昭乗 (しょうかどうしょうじょう) 安土桃山、江戸期の画僧、書家で茶人
条間 (じょうかん)
蒸気圧 (じょうきあつ)
蒸気加熱装置 (じょうきかねつそうち)
蒸気溜り (じょうきだまり)
小京磚茶 (しょうきょうだんちゃ) 中国の磚茶の一種
蒸気流量計 (じょうきりゅうりょうけい)
蒸気量 (じょうきりょう)
松吟庵 (しょうぎんあん) 松江市
漏斗 (じょうご)
蒸散 (じょうさん)
硝酸化成 (しょうさんかせい)
蒸散抑制剤 (じょうさんよくせいざい)
松寿 (しょうじゅ) 極早生の煎茶用品種
消臭効果 (しょうしゅうこうか)
浄水器 (じょうすいき)
脂溶性 (しようせい)
焼製 (しょうせい) 焼き茶
炒製 (しょうせい) 釜炒り茶
蒸青 (じょうせい) 蒸熱
蒸製 (じょうせい) 蒸し製緑茶
正倉院文書 (しょうそういんもんじょ)
上段被覆 (じょうだんひふく)
照度 (しょうど)
焼土法 (しょうどほう)
蒸熱 (じょうねつ)
醸熱材料 (じょうねつざいりょう)
蒸熱時間 (じょうねつじかん)
商標 (しょうひょう)
賞味期限 (しょうみきげん)
正面扉 (しょうめんとびら)
小葉 (しょうよう) 日本国語大辞典
乗用型施肥深耕機 (じょうようがたせひしんこうき)
乗用型摘採機 (じょうようがたてきさいき)
乗用型防除機 (じょうようがたぼうじょき)
小葉種 (しょうようしゅ)
照葉樹林帯 (しょうようじゅりんたい)
照葉樹林文化論 (しょうようじゅりんぶんかろん)
小葉柄  (しょうようへい)
性吉物 (しょうよしもの) 茶問屋の俗語 良質の茶
常緑 (じょうりょく)
省力栽培 (しょうりょくさいばい)
食経 (しょくきょう) 炎帝(えんてい)によるとされる
触杖 (しょくじょう)
植生 (しょくせい)
食中毒菌 (しょくちゅうどくきん)
続日本紀 (しょくにほんぎ)
続日本後紀 (しょくにほんこうき)
植物性飲料 (しょくぶつせいいんりょう)
植物ホルモン (しょくぶつほるもん)
食物繊維 (しょくもつせんい)
食物連鎖 (しょくもつれんさ)
序数尺度 (じょすうしゃくど)
除草剤 (じょそうざい)
初茶 (しょちゃ) 一番茶(主として関西地方)
除雄 (じょゆう)
白絹病 (しらぎぬびょう) 日本国語大辞典
WEB(しろきぬびょう)(しらきぬびょう)
白茎 (しらくき)
尻腐 (しりくされ) 日本国語大辞典
白漆喰 (しろじっくい) (しろしっくい)もあり
白ずれ (しろずれ) 茶の審査用語・色沢
白紋羽病 (しろもんばびょう)
心(芯) (しん) 新芽の未展開の頂芽
新芽重 (しんがじゅう)
新芽数 (しんがすう)
新芽長 (しんがちょう)
芯木 (しんぎ)
真空乾燥 (しんくうかんそう)
真空濃縮 (しんくうのうしゅく)
真空包装 (しんくうほうそう)
芯腐れ (しんぐされ)
芯孔 (しんこう)
深耕 (しんこう)
人工萎凋 (じんこういちょう)
人工萎凋機 (じんこういちょうき)
深耕機 (しんこうき)
深耕ぐわ (しんこうぐわ)
人工種子 (じんこうしゅし)
人工授粉 (じんこうじゅふん)
人工繁殖 (じんこうはんしょく)
新香味茶 (しんこうみちゃ)
審査茶碗 (しんさちゃわん)
審査盆 (しんさぼん)
審査用器具 (しんさようきぐ)
浸漬 (しんし) シンセキともいう
浸出液 (しんしゅつえき)
新梢 (しんしょう)
新梢長 (しんしょうちょう)
新植 (しんしょく)
侵食 (しんしょく)
新鮮香 (しんせんか) 茶の審査用語・香気
深層施肥 (しんそうせひ)
新茶 (しんちゃ)
新手揉製茶法解説 (しんてもみせいちゃほうかいせつ)
心土 (しんど) 日本国語大辞典
浸透移行性 (しんとういこうせい)
人頭茶 (じんとうちゃ) 中国雲南産の緊圧茶の一種
振動篩 (しんどうぶるい)
心土耕 (しんどこう)
心止め (しんどめ) 摘心
心抜き (しんぬき)
神農 (しんのう) 中国伝説上の帝王 炎帝(えんてい)
神農本草経 (しんのうほんぞうきょう) 炎帝(えんてい)によるとされる
新葉 (しんば)(にいは) 新しくもえ出た葉 *日本国語大辞典 広辞苑
真福寺遺跡 (しんぷくじいせき) 埼玉県
唇弁 (しんべん) 日本国語大辞典
針眉 (しんみ) 緑茶の一種
心水 (しんみず) 茶葉、茶葉内部の水
新芽 (しんめ)
新山茶 (しんやまちゃ) 静岡市南部の茶の総称
新葉 (しんよう)
親和性 (しんわせい)

(す)

水乾 (すいかん)
水乾機 (すいかんき)
水減じ歩合 (すいげんじぶあい)
水耕栽培 (すいこうさいばい)
水師 (すいし) 水篩
穂状花序 (すいじょうかじょ)
水色 (すいしょく) 審査項目の一つ
水生植物 (すいせいしょくぶつ)
水仙茶 (すいせんちゃ) 水仙種でつくられた中国青茶
水分活性 (すいぶんかっせい)
水平仕立て (すいへいじたて)
水面計 (すいめんけい)
水面調節装置 (すいめんちょうせつそうち)
水溶性多糖類 (すいようせいたとうるい)
水溶性窒素量 (すいようせいちっそりょう)
鬆入 (すいり) 日本国語大辞典 大根・人参等
崇福寺 (すうふくじ) 天智天皇の勅願で大津京に建立
酥油茶 (すうゆうちゃ) チベットの日常の飲茶法
杉山彦三郎 (すぎやまひこさぶろう) 茶品種改良の先駆者
すくい網 (すくいあみ)
すごき摘み (すごきづみ)
(すじ)
鈴木梅太郎 (すずきうめたろう) 静岡県出身の農芸化学者
すそ刈り (すそがり)
すそ刈り機 (すそがりき)
裾物 (すそもの) 下級茶の俗称
素焼き鉢 (すやきばち)
すり売り業者 (すりうりぎょうしゃ)
すり茶 (すりちゃ) →擂茶(らいちゃ)
駿河青茶 (するがあおちゃ) 静岡県中部
寸メッシュ (すんめっしゅ)

(せ)

生育 (せいいく)
生育因子 (せいいくいんし)
生育相 (せいいくそう)
生育診断 (せいいくしんだん)
清飲 (せいいん)
成園 (せいえん) 成木園ともいう
生活習慣病 (せいかつしゅうかんびょう)
正山小種 (せいざんしょうしゅ) 小種紅茶に属する中国の名茶
生産費 (せいさんひ)
整枝 (せいし)
整枝機 (せいしき)
整枝強度 (せいしきょうど)
整枝面 (せいしめん)
青臭 (せいしゅう) 茶の審査用語・香気
精揉 (せいじゅう)
精揉機 (せいじゅうき)
青臭味 (せいしゅうみ) 茶の審査用語・滋味
生殖生長 (せいしょくせいちょう)
整枝率 (せいしりつ)
精製仕上げ (せいせいしあげ)
星村小種 (せいそんしょうしゅ) →正山小種(せいざんしょうしゅ)
整地 (せいち)
製茶 (せいちゃ)
青茶 (せいちゃ)
製茶共進会 (せいちゃきょうしんかい) 明治政府が開催
製茶取締条例 (せいちゃとりしまりじょうれい)
製茶歩留まり (せいちゃぶどまり)
生長促進物質 (せいちょうそくしんぶっしつ)
生長調節物質 (せいちょうちょうせつぶっしつ)
生長抑制物質 (せいちょうよくせいぶっしつ)
静電式木茎分離機 (せいでんしきもっけいぶんりき)
生苗率 (せいびょうりつ)
清風瑣言 (せいふうさげん) 国学者上田秋成の煎茶書
性フェロモン (せいふぇろもん)
生物的防除 (せいぶつてきぼうじょ)
生分解性 (せいぶんかいせい)
成木 (せいぼく)
成木園 (せいぼくえん) 成園
清明茶 (せいめいちゃ) 中国清明節の頃摘んで作られた茶
(日本の八十八夜の茶に該当)
精油 (せいゆ)
成葉 (せいよう)
生理障害 (せいりしょうがい)
生理的落果 (せいりてきらっか)
清涼飲料 (せいりょういんりょう)
蒸籠 (せいろう) 手揉み製茶における蒸し器具
セイロン紅茶 (せいろんこうちゃ) スリランカ産の紅茶
青湾茶話 (せいわんさわ) 大枝流芳が著した煎茶書
世界緑茶協会 (せかいりょくちゃきょうかい) 平成13年静岡市
赤黄色土 (せきおうしょくど)
積算温度 (せきさんおんど)
積算ふるい上 (せきさんふるいうえ)
積算ふるい下 (せきさんふるいした)
積雪量 (せきせつりょう)
鶺鴒釜 (せきれいがま) 手揉製時代の蒸気発生釜
(せつ) 葉が付着している茎の部分
雪害 (せつがい)
石灰欠乏症 (せっかいけつぼうしょう)
石灰窒素 (せっかいちっそ)
石灰肥料 (せっかいひりょう)
節間 (せっかん) (せつかん)も
節間長 (せっかんちょう)
b器 (せっき)
接種 (せっしゅ)
舌状花 (ぜつじょうか)
接触型除草剤 (せっしょくがたじょそうざい)
絶対温度 (ぜったいおんど)
切断機 (せつだんき)
雪中栽培 (せっちゅうさいばい)
瀬戸の谷の大茶樹 (せとのやのだいちゃじゅ) 静岡県藤枝市
瀬戸物 (せともの)
瀬戸焼 (せとやき) 愛知県瀬戸市
施肥 (せひ)
施肥機 (せひき)
施肥量 (せひりょう)
脊振山 (せふりやま)(せぶりやま) 福岡県・佐賀県の県境 茶の故地
競売 (せりうり)
潜芽 (せんが) 潜伏芽
旋回運動ぶるい (せんかいうんどうぶるい)
全芽摘み (ぜんがづみ)
全芽百芽重 (ぜんがひゃくがじゅう)
センキュウ茶 (せんきゅうちゃ)
専業農家 (せんぎょうのうか)
浅耕 (せんこう)
千光国師 (せんこうこくし) →明庵栄西(みょうあんようさい)
千光寺 (せんこうじ) 栄西禅師の開基した寺
剪枝 (せんし)
剪枝機 (せんしき)
剪枝強度 (せんしきょうど)
剪枝鋏 (せんしばさみ)
禅宗 (ぜんしゅう) 鎌倉仏教の一つ
泉州茶 (せんしゅうちゃ) 古典的な番茶・泉茶
洗浄管 (せんじょうかん)
洗浄装置 (せんじょうそうち)
全層施肥 (ぜんそうせひ)
選択摘採 (せんたくてきさい)
銭団茶 (せんだんちゃ) 中国唐の時代 団茶の一種
全窒素 (ぜんちっそ)
煎茶 (せんちゃ) 茶事の薄茶として(ぜんちゃ)も
洗茶 (せんちゃ)
磚茶 (せんちゃ)
煎茶園 (せんちゃえん)
煎茶道 (せんちゃどう)
煎茶道具 (せんちゃどうぐ)
煎茶風 (せんちゃふう) 茶の審査用語・香気・水色・滋味
剪定 (せんてい)
鮮胴色 (せんどうしょく) 茶の審査用語・から色
千利休 (せんのりきゅう)(せんりきゅう) 1522〜1591
潜伏芽 (せんぷくが)
全面散布法 (ぜんめんさんぷほう)
仙薬 (せんやく)
鮮緑 (せんりょく) 茶の審査用語・色沢・から色

(そ)

粗悪茶 (そあくちゃ)
霜害 (そうがい)
そう快味 (そうかいみ) 茶の審査用語・滋味
雑木 (ぞうき)
早期摘採 (そうきてきさい)
総合仕上機 (そうごうしあげき)
総合防除 (そうごうぼうじょ)
総根長 (そうこんちょう)
草姿 (そうし)
早熟栽培 (そうじゅくさいばい)
送出枝 (そうしゅつし)
総状花序 (そうじょうかじょ)
草勢 (そうせい)
総繊維 (そうせんい)
相対湿度 (そうたいしつど)
宗長法師 (そうちょうほうし) 静岡市丸子の柴屋寺(さいおくじ)を創建した連歌師
早晩生 (そうばんせい) 収穫期の早い遅いに関する品種の属性
送風法 (そうふうほう)
草本性 (そうほんせい)
草木灰 (そうもくばい)
造粒 (ぞうりゅう)
増量茶 (ぞうりょうちゃ) 増量用の安価な紅茶
粗解機 (そかいき)
粗カテキン (そかてきん)
側芽 (そくが)
側枝 (そくし)
即日製 (そくじつせい)
測色値 (そくしょくち)
促成栽培 (そくせいさいばい)
測脈 (そくみゃく)
組織培養 (そしきばいよう)
粗揉 (そじゅう)
粗揉機 (そじゅうき)
粗揉プール (そじゅうぷーる)
粗製濫造 (そせいらんぞう)
粗繊維 (そせんい)
粗大有機物 (そだいゆうきぶつ)
粗茶 (そちゃ)
側溝 (そっこう)
速効性肥料 (そっこうせいひりょう)
側根 (そっこん)
外芽 (そとめ)
彼杵茶 (そのぎちゃ) 長崎県
染まり不均一 (そまりふきんいつ) 茶の審査用語・色沢
染まり不足 (そまりぶそく) 茶の審査用語・色沢
ソ連茶 (それんちゃ) 紅茶及び緑茶
(そろえ) 碾茶のランク付けの茶商のことば

このページの先頭へ戻る


フレームのある方は左のリンクをご利用下さい。


フレームのない方は下記のリンクをご利用下さい。

目次あ行か行さ行た行な行は行ま行やらわ行

(参考)フレーム目次へ

-音訳の部屋へ戻る-